黒板風のお面にチャレンジ

チョークアートこれまで苔のお面革のお面の作り方をご紹介してきましたが、キツネ面シリーズは今回がラストになります。有終の美を飾るにふさわしいお面は「チョークアート・マスク」です。

ここ数年、おしゃれなカフェやバーなどの店先でよく見かけるようになった黒板にチョークやペンでメニューやイラストなどを書いた看板、あれがチョークアートです。スターバックスのチョークの達人も有名ですね。あれをお面に施したらおしゃれなマスクが完成するのではと考え、早速100均へダッシュしました。

まずは下地となる黒板塗料は、刷毛や筆で塗る液体タイプやステッカータイプなどがありましたが、最寄りのダイソーで塗料タイプをゲットしました。色は緑と黒があり、学校の黒板風にするなら緑がいいかと思いますが、今回はクールに黒を選択。ちなみにホームセンターやamazonではスプレータイプも売ってます。

そして得意のデザインセンスで文字やグラフィックを書き込むために、黒板用のホワイトマーカーも購入。黒板塗料を塗ったキツネ面に書き込んでいったところ!これがお面に描くには太すぎたため、途中まで書き込んだところで断念…再び黒板塗料で塗りつぶして、家にあったホワイトボールペンで描いていくことにしました。

チョークアート・マスクの完成

チョークアートのお面

こうして完成したのがこちらのチョークアート・マスクです。タイポグラフィが思いのほか難しく、もう少し練習すればよかったかなと思いますが、黒板塗料のマットな質感がとっても気に入りました。子供部屋の壁一面を黒板塗料で塗りつぶしても面白いかもしれませんね!

最終的に子供が描いたものも含め、5つのキツネ面が完成しました。やっぱり試行錯誤しながらものづくりをするのが一番楽しいですね!またどんどん気になるものを作っていこうと思います!

https://i0.wp.com/kanazawabase.com/wp-content/uploads/2017/03/IMG_1168.jpg?fit=1024%2C768https://i0.wp.com/kanazawabase.com/wp-content/uploads/2017/03/IMG_1168.jpg?resize=150%2C150日曜父さんアートアート,タイポグラフィ,チョーク,黒板黒板風のお面にチャレンジ これまで苔のお面や革のお面の作り方をご紹介してきましたが、キツネ面シリーズは今回がラストになります。有終の美を飾るにふさわしいお面は「チョークアート・マスク」です。 ここ数年、おしゃれなカフェやバーなどの店先でよく見かけるようになった黒板にチョークやペンでメニューやイラストなどを書いた看板、あれがチョークアートです。スターバックスのチョークの達人も有名ですね。あれをお面に施したらおしゃれなマスクが完成するのではと考え、早速100均へダッシュしました。 まずは下地となる黒板塗料は、刷毛や筆で塗る液体タイプやステッカータイプなどがありましたが、最寄りのダイソーで塗料タイプをゲットしました。色は緑と黒があり、学校の黒板風にするなら緑がいいかと思いますが、今回はクールに黒を選択。ちなみにホームセンターやamazonではスプレータイプも売ってます。 そして得意のデザインセンスで文字やグラフィックを書き込むために、黒板用のホワイトマーカーも購入。黒板塗料を塗ったキツネ面に書き込んでいったところ!これがお面に描くには太すぎたため、途中まで書き込んだところで断念…再び黒板塗料で塗りつぶして、家にあったホワイトボールペンで描いていくことにしました。 チョークアート・マスクの完成 こうして完成したのがこちらのチョークアート・マスクです。タイポグラフィが思いのほか難しく、もう少し練習すればよかったかなと思いますが、黒板塗料のマットな質感がとっても気に入りました。子供部屋の壁一面を黒板塗料で塗りつぶしても面白いかもしれませんね! 最終的に子供が描いたものも含め、5つのキツネ面が完成しました。やっぱり試行錯誤しながらものづくりをするのが一番楽しいですね!またどんどん気になるものを作っていこうと思います!日曜大工から電子工作・デジタルコンテンツまで。北陸発のものづくりマガジン